医療系大学、研究機関向け バイオ3Dプリンター

Bio3D EXPLORER 医療系大学、研究機関向け バイオ3Dプリンター

カタログ

科学とテクノロジーの発展に寄与するバイオ3Dプリンター

樹脂積層の3Dプリンターは工業・産業の分野で、急激に市場が広がっています。同様に最近では人間の細胞や組織を取出し培養して、再生医療に利用する「バイオ3Dプリンター」が普及し始めています。これは細胞で構成される人工の“立体3D造形物”を作製することです。これまで主に動物実験だったものが今後、患者の細胞から培養した3D造形物でテストできるようなり、試薬のテストや病原の調査にも有効となりえます。バイオ3Dプリンターの最終目標は人工の臓器を製造することで、臓器移植に利用されます。


将来の再生医療に向けて

バイオサイエンス学科・医療系大学、研究機関向け
 バイオ3Dプリンター Bio3D Explorer
“将来、バイオ3Dプリンターを用いた臓器再生の時代が到来する。バイオ3Dプリンターで何ができるか、今から研究を始めたい”

Bio3D Explorerは3Dバイオ・プリンティングを経験したいという教育機関、研究者向けに開発されました。小型・軽量で高精度のBio3D Explorerは細胞にやさしい「光重合」を採用し、バイオインクも使用可能です。また、プリンターヘッドの追加やカスタマイズにも対応しています。

バイオ3Dプリンターは培養した人や動物の細胞をシリンジに注入し、ノズルから射出し積層することで立体の組織を作製でき再生医療に利用できます。また、細胞や組織だけでなくバイオ(または非バイオ)マテリアル(バクテリア、抗体・抗原、バイオポリマー等)を作ることができます。

世界中の科学者はバイオ3Dプリンターで利用可能な素材開発に注力しており、個々の患者に適した新薬の開発につながります。バイオ3Dプリンティングの技術は今後益々発展し、人工の細胞組織や器官を作成し人体の一部として埋入されていくものと考えられます。これまで主に動物実験だったものが今後、患者の細胞から培養した3D造形物でテストできるようになり、試薬の開発や病原の調査に活用されます。バイオ3Dプリンターの最終目標は人工の臓器を製造することであり、将来は臓器移植への利用が期待されています。

立体3D造形物の作成手順

立体3D造形物の作成手順

過程-1
人や動物の細胞を採取し増殖・成長させる
過程-2
細胞をシリンジに注入する
過程-3
シリンジをBio3Dプリンターに装着し造形する
過程-4
人工の血管が作成される

バイオ3Dプリンターによる作製

血管構造体の作製

血管構造体の作製

バイオインクによる作製

バイオインクによる作製

高精度で造形する

高精度で造形する


Bio3D Explorerの仕様

モデル名 Bio3D Explorer Bio3D Explorer + オプション
造形技術 機械式抽出、及び光重合方式 ナノジェット・UV等
ヘッドの数 1式 2式 4式まで追加可能
ヘッドの交換 可能 -
プリントサイズ(最大) 180 x 120 x 130mm 120 x 120 x 130mm -
XYZ解像度 5ミクロン -
ノズルサイズ 12G-32G カスタマイズ可能
ノズルの材質 ステンレス鋼 -
BSC3/フード共通性 有り HEPA chamber
寸法(閉じた状態) 435 x 455 x 92mm 435 x 455 x 92mm -
寸法(開けた状態) 435 x 312 x 418mm 500 x 312 x 418mm -
フレーム、ボディー及びプラットフォームの材質 アルマイト加工アルミ製 ステンレス鋼、セラミック、加熱フォーム
質量 15kg 20kg -
電源 220VAC / 110VAC -
連結 USB WIFI
ソフトウエア Bio3D ONE Bio3D ONE Pro
データ入力フォーマット STL, GCODE -
STLビューアソフト 有り -
Gcodeエディター 有り -

*仕様は予告なく変更になる場合があります。

Bio3Dプリンター用ソフトウエアの使用では、タブレットPC(タッチパネル付)を推奨いたします。

Bio3Dプリンター用ソフトウエアの使用では、タブレットPC(タッチパネル付)を推奨いたします。当社は、Microsoft Surface 3(Bio3D ONEインストール済み、スタイラス&キーボード付)をご提供しており、手袋のまま操作が可能です。

Bio3D Explorer

Bio3D Explorer

Bio3D Explorer + Bio3D Explorer +

Bio3D Explorer +


Bio3D Explorer用プリンターヘッド

Bio3D Explorerは造形するマテリアルによって、異なったプリンターヘッドを使用します。

Micro-Extrusion (標準)

Micro-Extrusion (標準)

  • 細胞や他の液体マテリアルの造形に使用する。
Micro-Extrusion (標準)

Micro-Extrusion (加熱)

  • 細胞の造形に使用、特に長い寿命の実現に有効。
Micro-Extrusion (blue light photopolymerisation)

Micro-Extrusion (blue light photopolymerisation)

  • 光硬化材料の造形に使用、細胞の造形にも有効。
Micro-Extrusion (UV)

Micro-Extrusion (UV)

  • UV硬化材料の造形に使用。
Thermoplastic-Extrusion (UV)

Thermoplastic-Extrusion (UV)

  • ABSやPLAなど、溶融物製造法に使用。

Bio3D Explorerについて

Bio3D Explorerは折りたたみが可能です。

Bio3D Explorerは折りたたみが可能です。

ヘッドの交換が可能です。

ヘッドの交換が可能です。

Bio3D Explorerについて

消耗品類

<Blue light photopolymerisationを使用>

*blue light対応

<加熱したmicro-extrusionを使用>

高精度で作成した3D造形物のサンプル

高精度で作成した3D造形物のサンプル1 高精度で作成した3D造形物のサンプル2 高精度で作成した3D造形物のサンプル3

PAGETOP