OUSTER

OPT

SPEC OBSESSED

PERFORMANCE. RELIABILITY. AFFORDABILITY.

Ouster社のモデルOS-1とOS-2はユーザが求める要望に合致するライダーセンサーです。センサーは同社オリジナルのシリコンで製造されており、堅牢な設計になっています。大量生産でコストダウンを実現し、性能においても比類のない高いパフォーマンスを達成しています。両モデルは同じコードを元に開発され、共通のコマンドセット、カリブレーション・ルーチンとシンクロ化した構造になっており、他システムとのインテグレーションに費やされる開発の時間を大幅に軽減できます。

OS-1 A SMALLER AND MORE
MOBILE SENSOR.

モデルOS-1は革新的なライダーセンサーの技術を採用しており、大量生産によるコスト軽減、恒常的な改善、フォームファクタの徹底、また電力要件の管理に注力しています。センサーは多くの分野で使用されており、自動運転、ロボット制御、ドローンのナビゲーション、測量業務などに最適です。モデルOS-1は、解像度が異なる16 Beam と64 Beamのタイプがあります。両センサーはライダーセンサーの市場で、安価で最も高いパフォーマンスを提供しています。

LEAEN MORE
OS-2 GROUNDBREAKING
INTELLIGENCE

モデルOS-2は、「自動運転車用ライダーのフォームファクタ」に関する業界からの強い要望に応じて開発されたセンサーです。システムデザイナーは、コンポーネントの配置に際に高い自由度を持って設計できます。OS-2は64 Beamを構成し、視野角15.8°にて高密度の空間を実現し、認識できる距離は業界トップの200mです。高速道路での自動運転やADASアプリケーションやドローン測量に最適です。

LEAEN MORE
OUSTER


TOP