NextCore RN50

高性能・低価格 ドローンレーザースキャナー

時間のかかるデータ処理は、すべてクラウドで実行。(処理時間はフライト時間の約3倍)
フライト後、データをWEBにアップし、約1時間で点群データを合成する。
従来の手作業の時間を大幅に削減 ⇒ 働き方改革を実現。

Airsight Australia社製のドローンレーザー「NextCore RN50」は、スキャンに必要な機材をすべて含みます(ドローンは除く)。高速・高密度のLidarセンサーと高精度のIMU、およびGNSSアンテナを搭載しています。DJI社のドローン「Matrice 600 Pro」専用マウントキットが付属し、簡単に取り付けできます。レーザー用バッテリーは不要で、電源はドローンから供給されます。スキャンデータはそのままクラウドに送信し、ポスト処理(点群データの合成からLASデータ作成まで)を自動で行ないます。ユーザは単にクラウド上にデータをアップロードするだけです。
従来行なってきた長時間のデータ処理は不要となり、作業者の業務軽減になります。なお、秒速10mの単一フライトで約50ヘクタールのスキャンが可能です。

Airsight Australia社製のドローンレーザー NextCore RN50

モデルNextCore RN50の主な特長

モデルNextCore RN50の主な特長
  • クラウド上で高速処理を行なう(点データの合成及びLAS変換の処理時間はフライト時間の約3倍)
  • 多くの場合、作業現場から事務所へ戻る前にデータ処理が完了する
  • クラウド上で処理するための費用が発生します(月額)
  • フライトごとのカリブレーションは不要
  • RINEXデータを直接利用できる。
    GNSSベースステーションを使用可能(オプション)

フライトからLASデータの取得までの流れ

フライトからLASデータの取得までの流れ

NextCore Fusionソフトウェア

NextCore Fusionソフトウェア

デスクトップ及びクラウドベースでデータ処理するためのソフトウェアです。フライトライン、センサーからの距離、点群密度、重複フライトライン等を設定できます。

推奨のPCの仕様:
Windows 10 Pro, RAM: 32 GB, Hard Drive Space: 1GB以上

モデルNextCore RN50の仕様

モデルNextCore RN50の仕様

推奨UAV: DJI M600 Pro
絶対精度(Absolute Accuracy) <50mm RMSE@50mレンジ
PP Attitude Heading RMS Error: 0.03°IMU
レーザーの最大距離 150m (反射率80%)
スキャン速度 42万点/秒 (1リターン)/126万点/秒(3リターン)
飛行時間 (M600に搭載時) 最大23分
スキャン範囲/秒速10mの単一フライト 最大50ヘクタール

ライダーセンサーの仕様

レーザー クラス1, 波長 905nm
スキャナー視野角 垂直 20°x 水平 360°
点のリターンの数/ショット 3
レーザーの数 8
精度(RMS Ranging Error) 30mm
推奨飛行高度 60m以下

ペイロードの寸法と質量

全体の質量 1.8kg
センサーの寸法(LxWxH) 160mm x120mm x 230mm
M600マウントキットの質量 0.6kg
アンテナ用バーを広げた時の長さ 1600mm
全体の寸法(LxWxH) 290mm x 140mm x 220mm

オプション