ソフトウェア

データ編集用ソフトウエア(Artec Studio)はスキャンデータの取り込み、編集、モデルの作成を行い、
各種フォーマットで出力します。フォーマットはほとんどの3D CADで開き、様々な解析に利用します。

推奨PCスペック

トップページ ≫ ソフトウェア


Artec 3Dスキャナー用編集ソフトウェア、Artec Studioについて

Artec Studio 11

Artec Studio 11
ULTIMATE

ARTEC製スキャナーだけではなく、サードパーティ製の3Dスキャナーもご利用いただけます。ARTEC製3Dスキャナー(ARTEC Eva、Eva Lite、Spider、Space Spider、L、S、M、MH、MHT)で使用でき、また他社の3Dスキャナー各種(Kinect for Windows V2& V1、Intel RealSense F200(IVCAM)、Intel RealSense R200(DS4)、PrimeSense Carmine、ASUS Xtion)とも互換性があります。1年ごとにライセンスをご購入(更新)いただけます。毎年ライセンスを更新することで、常に最新の機能を使用できます。

Artec Studio 11
PROFESSIONAL

ARTEC製3Dスキャナーのみ対応しており、高度なデータ処理機能をすべて使用できます。ARTEC製スキャナー全機種 (Artec Eva, Eva Lite, Spider, Space Spider, L2, L, S, M, MH, MHT) と互換性があります。永久ライセンスのご購入、または1年ごとにライセンスをご購入(更新)いただけます。毎年ライセンスを更新することで、常に最新の機能を使用できます。


数回シンプルな操作を行うだけで3Dスキャンとデータ処理を行える高度スマートモード新機能
「オートパイロット」が搭載されています。

スキャンしたオブジェクトに関するシンプルな質問に答えるだけで、ARTECの高度3Dイメージングソフトウェアがユーザーのデータに最も効果的な3Dアルゴリズムを選択し、プロフェッショナルな現場で使える高精度なモデルを作成します。

主要な機能

高精度

オートパイロットモードでも、手動モードでも、ARTEC Studioは精度に妥協はありません。

オプションの高度な設定

ARTEC Studioにはさまざまな高度設定があり、経験豊かなユーザーにフルコントロールと高い柔軟性を提供しています。

処理速度重視で開発

秒単位でデータを処理するパワフルな技術 時間を節約する自動機能


ポータブルな3Dスキャンとデータ処理

スキャンやデータ処理をすべてタブレットで行うことができます!ARTECバッテリーパックとお使いになれば、完全にモバイルな3Dスキャンソリューションとなります!

CADと直接つなげる高い互換性

ARTEC Studio 11では、データを直接Design XやSOLIDWORKSにエクスポートできるため、スキャンからCADへの切り替えがさらに簡単になりました。

3Dセンサーでスキャン

3Dスキャンを始めるきっかけとして最適です:ARTEC Studio Ultimateエディションは、Kinect for Windowsなどの3Dセンサーとも互換性があるため、優れた3Dスキャンのプロとなるために必要なすべてのスキルを学ぶことができます。



業界最高峰の

リバースエンジニアリング・3Dモデリングソフトウェアに3Dモデルをエクスポート

ワークフロー1。

オートパイロット

自動機能を使い、いくつかの簡単な操作で高精度なモデルを作成する方法

オブジェクトをスキャンし、スキャンしたデータをオートパイロットにすべて投入し処理させます。

初心者がプロレベルの高精度な結果を実現することができます。経験豊かなユーザーもこの方法で時間を大幅に節約できます。


ワークフロー1。

手動モード

自動機能を使い、いくつかの簡単な操作で高精度なモデルを作成する方法

オブジェクトをスキャンし、スキャンしたデータをオートパイロットにすべて投入し処理させます。

初心者がプロレベルの高精度な結果を実現することができます。経験豊かなユーザーもこの方法で時間を大幅に節約できます。


ワークフロー3。

スキャンしながら3Dモデルを作成していきます

後処理のない、スキャンしたままのモデル

スキャンしながら3Dモデルを作成していきます。リアルタイムメッシュスキャンモードを使って、オブジェクトをくまなくスキャンしながら、モデルが完成されていく様子を確認します。

人間の体など単純なオブジェクトの3Dコピーの作成や、さっとプレビューをするのに最適です。


ARTEC Studioで簡単に3Dスキャン

スムーズなスキャンにパワフルな3Dイメージングソフトウェアは不可欠です。このソフトウェアはスキャナのデータキャプチャ方法や精度水準をコントロールします。

ARTEC Studioは最先端の3Dデータアルゴリズムが搭載されており、直観的でユーザーフレンドリーなインターフェースを操作して3Dスキャンしながら、優れた精度でモデルを作成します。

  • スキャンを開始する前にオブジェクトに準備をする必要はありません。3Dスキャナの焦点を合わせて撮影をそのまま開始できます。
  • クラス最高のテクスチャ・ジオメトリ追跡アルゴリズムを搭載しており、他では経験できない速度とスムーズさでスキャンができます。
  • 自動継続機能により、スキャンを中断し、停止したところから後で再開することができます。開始地点はソフトウェアが自動的に検出します。

後処理を自動化し時間を節約

3Dスキャンの初心者で3Dデータ処理方法の詳細な説明が必要な場合でも、
ワークフローの高速化を求める経験豊かなユーザーでも、
ARTEC Studioの画期的な自動処理機能により3Dスキャンは新たな段階に突入しました。

オートパイロットモード: 妥協のない精度

ARTEC Studioのオートパイロットモードを使うと、4つの簡単な操作を行うだけで正確で完璧なモデルを作成できます

オブジェクトに最適な後処理アルゴリズムを自動的に適用することにより、最高のモデルを作成します

 
すべての後処理が完全自動
 

初心者に最適な上、経験豊かなユーザーもこの方法で時間を大幅に節約できます
 



手動モード

フルコントロールと高い柔軟性を利用し、驚異的な速度で処理

ARTEC Studio 11には3Dモデルを手動で思い通りに加工するための幅広いツールも満載です。
ワークフローを合理化するさまざまな機能が搭載されており、必要なモデルをよりスピーディに完成させることができます。

自動ベース除去

オブジェクトがスキャンされたベースを自動的に削除します。
テーブルやスタンド、または床を手動で消去する必要はありません!

高速で正確なスキャンデータの位置合わせ

自動位置合わせ機能により素早く簡単に後処理。1回クリックするだけで、完璧な精度でオブジェクトの95%を自動で位置合わせできます。

瞬時にテクスチャを適用

ARTEC Studio 10と比較して最大90%高速化

メッシュ化がよりシンプルに

メッシュ化の品質を維持しながら、ポリゴン数を数百万から数千に削減することで最終ファイルのサイズを最適化します。


3Dモデルを思い通りに編集

スマートなジオメトリ編集
ARTEC Studioの直観的な編集ツールで簡単に操作するだけでジオメトリの最終仕上げを行うことができます

高速かつ正確にテキスチャを自動編集
ARTEC Studioの高度アルゴリズム機能を使ってデータが不足している部分を自動的にテクスチャマッピング。

3Dモデルの分析

表面と体積の測定

注釈

線、測地線、セクションの測定データをDXF、CSV、XMLでエクスポート

ヒートディスタンスマップを使い、スキャンデータとCADモデルを比較


CADへ直接スキャン

ARTEC Studio 11は、エンジニアや製品開発者、デザイナーが3DスキャンデータからCADへと素早くスムーズに切り替えるのに欠かすことのできないツールが満載です。

1回クリックするだけで、3Dモデルを3D SystemsのGeomagic Design Xにエクスポートすることができるようになりました。DezignWorksプラグインをお使いのパソコンにインストールすれば、Artec Studioの「Export to SOLIDWORKS」ボタンを押すだけで、SOLIDWORKSで3Dモデルを開くことができ、素早くシームレスに作業を継続することができます。

共有が簡単

インターネット上で公開し、モデルをあなたのサイトに埋め込むことができます
さまざまなフォーマットに手間なしエクスポート: OBJ, PLY, WRL, STL, AOP, ASCII, Disney PTEX, E57, XYZRGB.
最も人気のあるリバースエンジニアリング/3Dモデリングソフトウェアとの互換性:



ARTEC Studioで他に知っておくべきことはありますか?

フル機能GUI

ARTECの3Dスキャンソフトウェアは、スキャンの操作を可能にする機能が満載です。利用できる機能の例:

  • プロジェクトおよび取り消し/やり直し機能
  • 3D編集ツール (消しゴム、スムージングブラシ、変形ツール)
  • 高度な3D処理アルゴリズム(自動位置合わせ、穴埋め、メッシュスムージング、ろ過、エッジスムージング、その他)

Artec Studioとは?

1.スキャニング

1.スキャニング

操作メニュは日本語に対応しており、スキャニングはたいへん簡単に実行できます。最良の品質を達成するため、様々な設定パラメータが用意されています。ユーザは直観的に設定内容を理解でき、迷うことなくコマンドを選択し実行できます。スキャンされた対象物が最善のアングルで表示できるようスキャンデータを回転します。 陰に隠れたところが無いように、必要なだけスキャニングします。 複数のスキャンデータは後工程で、ひとつのモデルに統合します。スキャンの途中で中断が可能で、対象物の位置を変えた後、再度スキャンを開始できます。複数のスキャナーを使い、取得したデータをひとつのデータに合成することも可能です。

2.スキャンデータのマージ

2.スキャンデータのマージ

スキャンしたすべてのデータをひとつの座標系でマージできます。自動合成するツールが用意されており、簡単な操作で実行できます。またマニュアル操作での合成も可能です。合体する2つのデータを並べ、同じ位置を特定してマージさせます。その他の操作はほぼ自動で実行します。データをマージした後は、XOYプレーン上で3点を選択することで、モデルデータの原点とします。


3.3Dモデルの作成

3.3Dモデルの作成

Artec Studio三角メッシュのアルゴリズムは、大きさサイズのスキャンデータに対しても処理できるように開発されました。そのため、複雑で大きなモデルに対しても、PCのリソースを効率よく使うことができ、その結果 短時間で精度の高い三角メッシュを作成できます。

4.モデルの処理

4.モデルの処理

編集用ツールが豊富で、取得したデータを簡単に処理できます。サーフェースのスムージング、問題点の特定、穴埋め、高度なデータ削除(ゴミ取り)、グリッドの最適化、高精度モデルの作成など、多くの編集支援ツールがサポートされています。


5.画像処理

5.画像処理

画像処理のアルゴリズムは、PCグラフィックカードの最高のパワーを引き出すよう開発されています。スキャンと同時に撮影されるカラー画像をモデルに自動で貼り付けできます。この作業はかなりのPCパワーを必要とします。Artecが開発した画像処理技術により、短時間でカラーマッピングできるようになりました。なおマッピングはデータ編集の後に実施されます。

6.データの出力

6.データの出力

Artec 3Dスキャナーで出力するデータフォーマットはstl, ply, wrl, obj, asc および aop です。これらのフォーマットは広く普及しており、多くの3D CAD(3D Max, Maya, Geomagic, Rapidform, Blender, Z Brush等)でサポートしています。


Artec Studioの特長:

● 面倒なマニュアル削除は不要

ボタンを押すと宙に浮く不要物(ゴミ)は自動で削除されます。

● データの欠損部分はDefeatureブラシで簡単に修復可能

モデルのサーフェース上に穴がある場合は、Defeatureブラシを使い自動で修復し穴埋めします。

● 不要なスキャンデータは簡単に削除する

スキャンのとき、不要な背景(テーブルや壁等)のデータも取得する場合があります。Auxiliary surface機能で周辺の不要なデータを簡単に削除でき、データの合成精度が上がります。


▲ PAGETOP